仮住まいへ 一時引越し

仮住まいへの一時的な引越し

引越し 一時 引越し

 

家のリフォームや建て替えの時は、一時的に仮住まいに入居しなければなりませんね。
ということは家財を2回移動させなければなりませんから、短期間で2回分の引越し費用がかかることになりますね。

 

まず、不用品は思い切って処分してできるだけ荷物を減らして下さい。

 

一軒家に入っていた家財のすべてを仮住まいに持って行くとなると、かなり広い物件が必要です。
広い物件は当然ながら家賃が高くなります。

 

しばらくレンタル倉庫を借りて家財を保管するという方法もありますが、そこを借りるには2ヶ月分の保証金、1ヶ月分の手数料、当月と翌月分の使用料、当月と翌月分の共益費、引き落とし手数料などいろいろな費用がかかります。面倒ですね。

 

そこでおすすめなのが引越し業者の一時預かりサービスです。

 

引越し業者は家財を一時的に預かるサービスを有料オプションで行っています。
もちろん保管期間に応じた保管料と、入庫や出庫の際にかかる運搬作業費などの費用はかかりますが、レンタル倉庫を借りるより手間は少ないです。

 

ただしこのサービスはすべての引越し業者、すべてのエリアで行われているサービスではないので、早めにお問い合わせください。

トップページ > 洗濯機の輸送料金が安いのはこの方法がおすすめ