洗濯機 輸送 粗大ゴミ

引越しと粗大ゴミ

引越し 粗大ゴミ

 

引越しをすると不要品がたくさん出ますね。
小さなものは日々のゴミ出しで処分することができますが、大きな家具や家電などの粗大ゴミはそうはいきません。

 

さらに家電リサイクル法で定められた電化製品は粗大ゴミとはまた別の方法で処分しなければならないのです。

 

家電リサイクル法で定められた家電はエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機です。
これらを処分したいときは家電を購入した家電量販店でのリサイクルが必要です。

 

しかしネットで購入したり、すでに一度引越ししてお店が近くない場合、すでに閉店してしまった場合もありますね。
そういう場合はお住いの自治体に相談してみましょう。

 

他の粗大ごみを廃棄する方法には@回収に来てもらう(有料)、A自分で持って行く(無料)という2つの方法があります。

 

@の回収方法は、まず粗大ごみ処理施設に電話をして回収日を予約します。
その後、コンビニやスーパーなど販売している粗大ゴミシールを買います。
このシールは回収手数料になります。

 

シールを粗大ゴミに貼って指定の時間に指定場所に置いておけば回収業者が回収に来てくれる仕組みです。
シールは粗大ゴミ1個につき1枚必要です。

 

Aの自分で持って行く場合でも、まずは電話で予約します。
その時に捨てたいものの名前を聞かれますのでメモなどを作っておきましょう。

 

あとは指定された時間に処理施設に持って行くだけですが、そのときに身分証の提示が必要です。
自分で持って行く場合はごみシールを貼る必要はありません。

トップページ > 洗濯機の輸送料金が安いのはこの方法がおすすめ