洗濯機 輸送 安い

洗濯機の輸送を格安にする方法

洗濯機 輸送

洗濯機 運搬

洗濯機 配送

洗濯機 引越し

洗濯機 運びたい


洗濯機を運ぶのは、見た目よりも重労働です。
コンセントを差し込めば動く簡単な電化製品ではないので、いろいろな設置作業が必要になります。

 

大手の宅配業者や便利屋などでも、洗濯機を運んで設置してくれるところはありますが値段がやや高めです。
それは、大型家電を運んでくれるサービスのある宅配業者の数が少ないためです。

 

また、便利屋の数も多いとは言えませんね。

 

だからオススメなのが引越し業者なのです。
引越し業者は毎日何回も洗濯機を運んでいます。
さらに業者の数も多いので競争が生まれ、料金にも差が生じるのです。

 

費用を格安にしたいなら、引越し業者一括見積もりがオススメです。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

 

引越しじゃなくても、洗濯機だけを運んで欲しいという依頼でも問題ありません。
お気軽に一括見積もりしてみてくださいね。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

洗濯機、縦型とドラム式

縦型式の洗濯機、ドラム式の洗濯機、使い心地などはどうなのでしょう。

 

@縦型洗濯機
縦型洗濯機は比較的コンパクトで運びやすいですね。
電気代もそんなにかからず、音も静かなものが増えています。
各電気メーカーも様々な技術を用いて、汚れを落とす技術をつちかっています。
値段も手ごろなため、人気があります。

 

Aドラム式洗濯機
ドラム式洗濯機は大きくて重いので、購入するまでに悩みます。
値段も縦型に比べて高めです。
それでも少ない水で洗えたり、パワフルなので一度使うと縦型に戻れなくなります。
そして、乾燥機が本当に便利です。
雨の日でも、ノンストレスで洗濯物が乾くので余裕があればオススメです。

 

 

レンタカーを使っての引越し

 

引越しレンタカー

 

荷物が少なければレンタカーでの引越しも考えますね。
レンタカーでできる引越しの条件は@距離が近いこと A荷物が少ないこと B人手があることなどがあります。

 

洗濯機も自分で運べる重さのものと、ドラム式のように重くて1人では運べないものとがあります。
これらを運んでくれる友人や知人が2〜3人欲しいところですね。

 

さて自分で引越しする場合でもやはり2〜3回は往復すること考えられますから、あまり遠いとレンタカーでの引越しは難しいです。
それに素人だけではがきな家財を上手に積み込めないものです。
運搬中に冷蔵庫や洗濯機が倒れるんじゃないかと思うと、怖くてなかなか一気に積み込むことが出来ないんですね。

 

そして荷物が多い場合は何度も往復せねばなりませんし、時間がかかるとそれだけレンタカーのレンタル料がかさみます。
レンタカーは最後にガソリン代を満タンにして返さなければなりませんので、返却する際は少し早めにレンタル会社に行かねばならないのです。
返却時間に追われると気が焦ります。

 

レンタカーでの引越しは安くなるイメージがありますね。

 

トラックのレンタル料は【基本料金+燃料代+保険料+その他】です。
しかし、これに友達への謝礼・お弁当・お茶代などもかかります。
そしてもし引っ越しの最中に家電を落として壊しても、補償がありません。

 

場合によっては引越し業者に依頼するのとさほど変わらない場合もありますから、比較のためにも見積もりを取ってみるといいかと思います。

 

 

引越し業者の行うオプションとは?

 

洗濯機 輸送 オプション

 

引越し料金は人件費や交通費、それにオプション費用の合計金額です。
人件費や交通費は分かりますが、オプション費用って何でしょう?

 

引越し費用のオプションとは次のようなものです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

引越し業者のオプションの中で依頼が多いのはエアコンの移設です。
エアコンはもともと賃貸の部屋に付いていないところもまだまだ多く自分で購入して取り付けることがあります。
自分で購入したものですから、当然新居にも持って行きたいと思いますよね。

 

しかしエアコンはコンセントを抜けば持ち運べる家電ではないので、電気事業者でないと取り外しができません。
自分で電器屋さんに連絡して来てもらう場合、引越し前と後に各1回ずつ手配しなければなりませんね。面倒です。

 

引越し業者のオプションで依頼すればその必要がありません。
同じくらいの費用であれば、引越し業者にオプションを依頼したほうが簡単なのです。

 

さて、荷物の一時預かりをするのはどんな場合でしょう?
多くがリフォームや建替えで一時的に引越しをする方々です。
仮住まいに一軒家分の荷物を入れるためには、大きな物件を借りなければなりませんので、実に不経済です。

 

引越し業者のオプションは「あったらいいな」というサービスを形にしたものですね。

 

 

引越しの時期と費用

 

引越し 時期 費用

 

引越し業者には繁忙期があるのをご存知ですか?

 

引越し業者の繁忙期は2月の終わり〜4月の始めまで、つまり3月前後です。
この時期の引越し業者は日本全国どこも大忙しで、ネコの手も借りたいほど忙しいです。

 

3月に繁忙期なのは、受験を終えた新大学生や就活をパスした新社会人が4月の新学期を前に新天地に飛び出すためです。

 

しかもこれだけではありません。
日本の企業は全国に支社があり全国展開しているところが多く、3月の人事異動で多数の人が辞令を受けます。
4月の新学期から新しい部署に配属されるサラリーマンも多いのです。

 

そのサラリーマンの家族や単身赴任のサラリーマンの引越しも3月に重なるのです。

 

ここに通常の引越しも加わりますから、3月前後はどこの引越し業者も大忙しになります。

 

もし新居がきまっているならすぐに見積もりを取って、業者を比較し、一番条件の良い引越し業者を抑えておきましょう。
のんびりしていると高い業者しか残らなくなるか、予約ができないということもありますのでお気を付け下さい。

 

 

引越し業者の費用が安くなる条件

 

引越し 安く

 

引越し業者への費用を安くするなら、まずは条件の見直しを考えてみませんか。

 

まず曜日についてですが、できれば平日がオススメです。
土日祝日は引越しの予約が多めになるので、割引が平日ほどできません。

 

そして午前と午後では、午前の方が人気です。
多くの人が午前中に荷物を新居に搬入して、午後からはのんびりと荷解きしたいと思っています。

 

それに午後便は前の仕事が押してしまい引越し業者の到着が遅れることも多く、ひどい時には何時に来るかわからないこともあります。
しかしそのデメリットの分、午後便には割引があるのです。
また時間指定をしないフリー便も引越し業者にメリットがあるので、割引されてお得になるのでオススメです。

 

長距離へ配送する場合は、お金がとにかくかかります。
その場合は、引越しパック便や混載便などがオススメです。

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しの時はすることが多いですね。
後半は疲れて来ますから、元気なうちに手順を確認してくださいね。

 

引越し業者への見積もり依頼は、新居の住所が決まってからがオススメです。
なぜなら新居の階数やエレベーターの有無などの情報も、正確な金額を出すために必要だからです。

 

荷物は早めに梱包していきましょう。
普段あまり使わないものや季節外れの洋服などから梱包するのがいいですよ。

 

きっと不用品があると思うのですが、それらはできるだけ引越し前に処分しましょう。
荷物が多いほど、引越し料金が高くなるので計画的に処分してくださいね。

 

市外へ引越しする方は「転出届」を市町村役場に出しておきましょう。
これは引越しの2週間前から出すことができます。
ついでに国民健康保険や国民年金、児童手当など役所関係のものの住所変更について聞いておくと無駄がありませんね。

 

1〜2週間くらい前になったら電気・ガス・水道は引越し日までの費用を日割りで精算してもらうように手配しましょう。
詳しいことは電話で確認してください。
同じ市内での引越しなら、引越し日から新居で使えるようにしてもらってくださいね。

 

最寄りの郵便局に行って郵便物の転送をしてもらう手配をしてください。
1年間は新居に転送してくれるので、その間に引越しした新住所を知り合いに伝えておきましょう。

 

引越し当日は運搬は家具や家電の配置を引越し業者に指示してくださいね。
貴重品・高級品・現金・通帳・印鑑・貴金属・時計・パソコン・データ類・下着・見られたくないものなどは自分で運んでくださいね。

 

市内引越しなら「転居届」を、市外引越しなら「転入届」を提出してください。
これらは引越し2週間以内に手配してくださいね。すると選挙のお知らせなど役所から届きます。

 

運転免許証やパスポートなどの身分証明書になるものや、各種の保険・銀行カード・クレジットカードなどの住所変更手続きを行ってくださいね。